電子書籍出版プロデュース奮戦記

こんにちは、関俊一です。

今日はあまりしないお話をしようと思います。
電子書籍の出版プロデュースのお話を色々な方からのご紹介で、
毎月、毎月ありがたいことにたくさん頂きます。

本当にありがとうございます。

その中で、先日あった興味深いお話をします。

その話は、私の地元のある知り合いの方からのお話で、
新宿のある喫茶店にて始まりました。

その方はなんと、芸能人。
その方は・・・・・

KING KAZU

KING KAZU

 

因みに

”KING KAZU” 
この人ではありません。(笑)
出せたら良いな~って、もちろんある方を通してオファーはしています。

 

また、高校のサッカー部の先輩なので、
この人にもオファーを出して見ようと思います。

・・・・・

この方には、来月のOB会で直訴です。
 

 

蝶野正洋

蝶野正洋


 

ちなみに、893ではありませんよ。
読み方は各自考えてください。(笑)
ああ、プロレスラーの方です。

 

かなり、横道に逸れましたので、
話を元に戻します。

その方と同席された方が言っていたのですが、
無料で電子書籍を作るというお馬鹿なオファーを出している方がいました。
面白いことにこれで、数十軒目のバッティングです。

ですが、今回もまた、
高額の金額を提示する弊社で出版のお手伝いをさせて頂くことになりました。
なぜ、そういうことが起こるのか?
そして、なぜ、無料で請負う話をしてまで仕事を取りたいのか?
こんなことをお話して見たいと思います。

まず、考えて欲しいのですが、
例えば、蝶野さんと関がリングで勝負します。
軍配はどちらに上がるのか?

答えは明確ですよね。

私、半殺しになると思います。
しかし、リングに上がっても勝負が将棋だったらどうでしょうか?
まあ、サッカーでも良いのですが、私、関に軍配があがります。

ここがポイントなんです。

関がどうやって電子書籍を受注しているのか?
の秘密がこんなことにあります。

詳しくはこの書籍で学びました。
非常識な成功法則

また、なぜ、彼らは無料にしてまで受注したいのか?

それは、出版すれば、売上が上がると出版代行をしている方々が勘違いをしているからです。
そして、出版したいと思っていない人にオファーするから、値段を下げるしかなくなり、
最終的に無料でやって、売上があがったら、回収すれば良いと思っている。
だから、そんな変なオファーをするんです。

つい最近まで、出版に興味もなかった、
自身に出版のオファーも来なかった人が、いきなり儲かりそうだからといって、
電子書籍のプロデュースを考えても
売れるか?売れないのか?なんて、判断できないから、
結果として回収できずに、終わってしまうんです。

で、また次のビジネスをはじめる。

こんな人達の餌食だけは、
少なくとも、私の話を聞いている方にはなって欲しく無いんです。
 

そもそも、ビジネスは業界の方との戦争になるし、
クライアントさんとは、常にWinWinである必要があるじゃないですか!?

だから、戦争に勝つ方法はしっかり考えないといけないですし、
クライアントさんが電子書籍を出版する理由をしっかりと理解して、
ゴールを共に目指さないといけないんです。

だって、ビジネスって、困っている人のお手伝いをしないといけないわけですし、
結果、お互いが利益(お金だけでは無くて色々な意味での利益)にならないと意味がないのですからね。

で、結果としてお互いが儲かるわけです。
なので、私が言うのもなんですが、弊社の仕事は面倒くさい仕事なんです。(笑)

でもそれだけ自身をもって対応しますし、
本気でクライアントさんと共に勝負するので、毎回真剣勝負で、
とても疲れますがとてもやりがいもあれば、
楽しくもあるわけです。

なので、今回の芸能人の方のプロデュースも真剣勝負ですし、
その方も真剣に執筆してくるので、お名前を好評できるようになったら、
このブログでも是非発表したり、動画を配信したりしたいと思います。
今まで知らなかった方もきっとファンになります。

そして、電子書籍出版プロデュース難民の方、弊社はガンガンお仕事を発注します。
是非、まだ真剣に電子書籍に取り組みたいといいう方は、関までメールをください。
後日、面接をさせて頂きます。
>> 電子書籍協力業者希望

電子書籍の出版に興味がある方は、いつでもどうぞ♪
コチラからご質問ください。

あなたの参考になれば幸いです。

では、また。

関俊一。

 

電子書籍,出版,関俊一電子書籍,出版,活用

↑↑↑面白いとか、ためになったと思った場合、ポチットお願いします。

この記事を書いた人

関俊一代表取締役
趣味:ダイビング、レース観戦
仕事:会社役員
好きな映画:LEON
電子書籍「家賃収入が給料を超える!」などを出版している
自称作家である。(笑)
詳しくは  >> プロフィール
この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


関俊一 について

趣味:ダイビング、レース観戦 仕事:会社役員 好きな映画:LEON 電子書籍「家賃収入が給料を超える!」などを出版している 自称作家である。(笑) 詳しくは  >> プロフィール
カテゴリー: 基礎知識, 電子書籍出版, 電子書籍出版プロデュース協力業者希望 タグ: , , , パーマリンク


この記事のトラックバックURL :

特別プレゼント

送信後スグに、あなたのメールボックスにダウンロード先をお送りします。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。