電子書籍を出版するには?

おはようございます、関俊一です。

今日は電子書籍を出版するには?
というテーマでお話します。

まず、多くの方が、電子書籍はこれからだから、
参入したい!と思っている反面、
どうやって参入しようか?と考えている方が多いように思います。

そして、更に・・・

どこから出版すると良いのか?
などなど、電子書籍を調べれば調べるほど謎は深まるばかり。(笑)

しかも、代行と言っていたり、
弊社のようにプロデュースと言っていたり、形態も様々です。

電子書籍

電子書籍

では、どのようにすれば、電子書籍を出版できるのか?
それは、まず、
あなたがとても魅力的なコンテンツをお持ちであればとても簡単です。

紙媒体の出版社さんを良く見てください。
魅力的なら商業出版できますよね!

でも、電子書籍で出版と考えている方の多くは、
紙の本を出版したいけど、話が来ない!とか?

名刺代わりに使いたい!とかが多いのではないでしょうか?
なので、ここからは簡単なお話になるわけです。

自費で出版するしかない!
という結果になるわけです。

で、また戻りますが、代行を使うのか?
プロデュースしてくれるところにするのか?

それとも、自分でやるのか?
こんな感じになると思います。

もちろん、弊社でも商業出版的にプロデュースすることもあるので、
コンテンツを持ち込んで頂ければ対応はします。
※これについては申込みフォームを近日中にご用意しますね。

コンテンツがない方は、後日その話題を取り上げお話しますが、
コンテンツがある方は、まず弊社にお見せ頂ければ、添削いたします。

再び話を戻しますが、電子書籍を出版するには、
良いコンテンツが必要です。とお話しましたが、
本当はそれ以前に1つ大切なことがあります。

それは、何のために電子書籍を出版するのか!?
これをハッキリ決める!ということです。

売上を爆発的に上げたい!とか?
名刺代わりに使いたいとか?
見込み客を集めたいとか?

この目的を明確にすると、
どうやって出版するのが良いのかが見えて来ると思います。

売上を爆発的に上げたいのであれば、
現状、AppStoreから出版するのが良い。

名刺代わりなら、Kindleから出版するのが良いとかですね。
すると、そのストアに対応している会社を選び話を聞いて見る!
ということになり選択肢が絞り込まれるわけです。

なので、まずは、電子書籍を出版したいのであれば、
目的を明確に決めて弊社までご連絡をください。^^

あなたの参考になれば幸いです。

では、また。

関俊一。

 

電子書籍,出版,関俊一電子書籍,出版,活用

↑↑↑面白いとか、ためになったと思った場合、ポチットお願いします。

この記事を書いた人

関俊一代表取締役
趣味:ダイビング、レース観戦
仕事:会社役員
好きな映画:LEON
電子書籍「家賃収入が給料を超える!」などを出版している
自称作家である。(笑)
詳しくは  >> プロフィール
この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


関俊一 について

趣味:ダイビング、レース観戦 仕事:会社役員 好きな映画:LEON 電子書籍「家賃収入が給料を超える!」などを出版している 自称作家である。(笑) 詳しくは  >> プロフィール
カテゴリー: 電子書籍出版, 電子書籍書き方, 電子書籍活用方法 タグ: , , パーマリンク


この記事のトラックバックURL :

特別プレゼント

送信後スグに、あなたのメールボックスにダウンロード先をお送りします。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。