電子書籍ってそもそも何?

こんにちは、関俊一です。

電子書籍とはそもそも何なのか?
今更ですが、今日はこれについてお話します。
それと、紙の書籍と比べて何が優れていて、何が劣っているのか?
こんなことも少しだけお話します。

電子書籍をまず、ひとことで言ってしまえば、デジタルの書籍です。
しかし、一言でデジタルの書籍といても色々な形があります。

例えば・・・

所謂、e-bookと言われるものから、AppleAndroidKindlekobo
と言ったような電子書籍まで多種多様です。
実際に、各電子書籍ストアでの書籍のファイル形式もバラバラです。

そして、現在、電子書籍と言われているのは、やはり、
AppleAndroidKindlekoboといった、
電子書籍ストアに並ぶ書籍のことが主になると思います。

 

AppStore

AppStore

 

しかし、現在のように電子書籍ストアが現れる前までは、e-bookというものが主流でした。
その、e-bookと言われるものの多くは、PDFファイルで作られた形式のもので、
一般的には情報商材などと呼ばれていました。

じゃなくて、現在も呼ばれていますね。(笑)

ある時、一部の起業家さんが、他と差別化するために、
電子書籍とか電子出版などと言いはじめたので、
一般の方には、ちょっとわかりにくくなってしまったようです。

本来は電子書籍ストアで販売されるデジタル書籍を、
電子書籍と呼んで行くのかな~という感じです。
私の認識では、PDFファイルなどのコンテンツをアプリ化すると、
電子書籍と言えるのかな?なんて勝手に考えています。

現在のところ、電子書籍業界も、
おそらくバブルという感じなので、今後どのようになるのか?
それによっても電子書籍という括りが変わるかも知れません。
本当にまだまだ未知の世界です。

で、紙の書籍と電子書籍と比べてメリット、デメリットですが、
簡単にお話すると、出版のハードルが下がった!これに尽きると思います。
今までは書籍を出版なんて考えもしなかった方が、
いとも簡単に出版できるようになったということです。

もちろん、そのデメリットもありますよ。まったく売れないとか・・・
これは、活用方法や電子書籍がどういう性質のものか?
また、どのようなことができるのか?
まだまだ発展途中ということでもあります。

そして、動画を付けることができたり、
音声読み上げ機能をつけたりできるのも
電子書籍の魅力ですね。

あと、書き換えたりできるのも、
紙媒体ではできませんよね。
※これは編集側のメリットです。

まだまだあるので、キリがないですから、
今日はこの辺にしますが、また機会を見てしっかりと、
電子書籍のメリット、デメリットをお伝えしようと思います。

あなたの参考になれば幸いです。

では、また。

関俊一。

 

電子書籍,出版,関俊一電子書籍,出版,活用

↑↑↑面白いとか、ためになったと思った場合、ポチットお願いします。

この記事を書いた人

関俊一代表取締役
趣味:ダイビング、レース観戦
仕事:会社役員
好きな映画:LEON
電子書籍「家賃収入が給料を超える!」などを出版している
自称作家である。(笑)
詳しくは  >> プロフィール
この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


関俊一 について

趣味:ダイビング、レース観戦 仕事:会社役員 好きな映画:LEON 電子書籍「家賃収入が給料を超える!」などを出版している 自称作家である。(笑) 詳しくは  >> プロフィール
カテゴリー: 基礎知識, 電子書籍出版 タグ: , , , , , , , , , パーマリンク


この記事のトラックバックURL :

特別プレゼント

送信後スグに、あなたのメールボックスにダウンロード先をお送りします。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。