パーソナルブランディングと電子書籍

こんにちは、関俊一です。

今日はパーソナルブランディング電子書籍について
お話しようと思います。

その前に、そもそもパーソナルブランディングとはいったい何なのか?
この部分についてお話しますが、
更にその前に、あなたは、ブランドってなんだか知っていますか?

ブランドです。

ルイ・ヴィトンとかエルメスロレックスとか?
PanasonicとかHONDAとか?

はい、そうなんですが、そのブランドってなんでしょう?

 

ロレックス

ロレックス

 

ではお話します。
そもそもブランドとは、家畜の牛のお話になります。

日本と違い、牛は放牧して飼う動物として西洋では扱われていました。
そうすると、隣の牛なのか?自分の牛なのか?判断が出来なくなります。
そこで、隣の牛と自分の飼っている牛を区別するために刻印(焼き印)を打ったんですね。

この刻印(区別するための印)のことをブランドと言うんです。

ですので、
パーソナルブランドというのは個人を他者と区別する印ということになります。

実際にはもう少し細かなことがありますが、
概ねこんな感じですね。

要するに他者とどうやって区別してもらうのか?
これがブランディングというものになります。

では、あなたをどうやってブランディングするのか?
ということになりますが、出来たらルイ・ヴィトンのように区別してもらった方が良いですよね。

だって、同じ製品でも刻印が本物と偽物で金額はどれくらい違うでしょうか?
厳密には製品にも違いはありますが・・・

また、あなたの偽物が出来てきたら凄いことになりますよね。
芸能人のそっくりさんのようなことです。

あなたの偽物があなたの偽物だ!と名乗っても稼げるわけですから、
これは凄いですよね。

そんなことが可能なのか?
はい。可能です。

実際には、

いきなりそんなところまでは行きませんが、
あなた自身は、世界に唯一無二の存在なわけです。

だから、絶対にブランディングできるわけです。
唯一無二なんですから。

そこを上手に行うために電子書籍は最高のツールなんです。

まず、あなたが出版をした。という実績が出来ます。

そうすると、名刺に電子書籍の紹介を書き込んだり出来ます。
ああ、◯◯術を書いている◯◯さんですよね。
書籍は読みましたよ。なんてことになり、
あなたを一発で覚えてもらえたりするわけです。

そして、購入者なんですが、日本に限定されません。
世界中に販売することが出来るんです。

外人の方でなくても海外にいる日本人が購入してくれたりもします。
これは紙媒体では絶対にあり得ないことなんです。

そして、電子書籍がしっかりと伝わる文章だったら、
読んだ方にあなたのことがしっかりと伝わりますね。

だから、電子書籍を出版することはあなたのパーソナルブランディングを
大きく手助けするわけです。

そして、出版するなら処女作は、
売れなくてもあなたのブランドがしっかり出来るような
文章とタイトルにすることをおすすめします。

そして、先日、お話したように
文章力を身につけるか?しっかりしたライターさんに
書いてもらいましょう。

そうすれば必ずブランディング出来るはずです。

あなたの参考になれば幸いです。

では、また。

関俊一。

 

電子書籍,出版,関俊一電子書籍,出版,活用

↑↑↑面白いとか、ためになったと思った場合、ポチットお願いします。

この記事を書いた人

関俊一代表取締役
趣味:ダイビング、レース観戦
仕事:会社役員
好きな映画:LEON
電子書籍「家賃収入が給料を超える!」などを出版している
自称作家である。(笑)
詳しくは  >> プロフィール
この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!ツイッターでも、更新履歴を流してます。


関俊一 について

趣味:ダイビング、レース観戦 仕事:会社役員 好きな映画:LEON 電子書籍「家賃収入が給料を超える!」などを出版している 自称作家である。(笑) 詳しくは  >> プロフィール
カテゴリー: 基礎知識, 電子書籍出版, パーソナルブランディング タグ: , , , , , , , , , , , , , パーマリンク


この記事のトラックバックURL :

特別プレゼント

送信後スグに、あなたのメールボックスにダウンロード先をお送りします。
確実にお届けするために、なるべくフリーメールではないアドレスを登録してください。